贈与税|3分でわかる贈与税Top >  住宅不動産相続税 >  不動産 贈与税

スポンサードリンク

不動産 贈与税

贈与税とは、個人から現金や不動産などの価値のあるものをもらった時にかかる税金です。1年間に110万円を超える財産をもらった場合に、贈与税がかかります。この財産には、現金、預貯金、 有価証券、土地、家屋、貸付金、営業権など金銭に見積もることが可能な経済的価値のあるものすべてが含まれます。贈与税は1年間(1月1日から12月31日まで)にもらった財産の価額の合計額から基礎控除額110万円を引き、その残額に贈与税の税率を掛け、さらに控除額を差し引いた額が納税額です。つまり、贈与税額=(贈与財産の合計額−110万円)×税率−控除額という式になります。贈与税がかからない場合がありますが、そのケースとしては、宗教、慈善、学術その他公益を目的とする事業を行う者が取得した財産で、その公益を目的とする事業に使われることが確実なものや、個人から受ける香典、花輪代、年末年始の贈答、祝物又は見舞などのための金品で、社会通念上相当と認められるものなどのケースです。贈与税で最も注意すべきは、住宅を取得する時です。住宅取得資金贈与の特例は、親や祖父母から住宅資金の贈与を受ける場合に、550万円まで非課税になる制度です。また、相続時精算課税制度を使うと、住宅取得資金の場合最大で3,500万円まで非課税になります。重要な贈与税の基礎知識です。


RSS関連リンク
贈与税について
土地・住宅両方で3500万程になり、土地代分として実母から1100万援助してもらう事になったのですが、その時は贈与税等考えずに普段動きやすい妻の口座に二箇所に分けて500万、600万ずつ母の通帳から振り込んでもらいました。後になって贈与税の事を知り ...

贈与税が掛かるのか
父親名義の普通預金の一部を、ペイオフ対策も兼ねて、 私(実子)の名前の投資信託に預けました。 回答では「対価の授受が行われていない時」などの場合、 贈与と扱われるとあります。 他の回答にあるように、こうした場合は父親名義の普通預金に、 同額を ...

養老保険の受取人変更について
差額が大きいので受取人を契約者、子(2)、妻に分割しようと思います。例えば贈与税控除内で子妻に分割し、契約者の受取分を4割他の3人を各2割にした時、元の約170万の保険収入の内、契約者、子、妻の収入額は夫々いくらになるのでしょうか。 ...

スポンサードリンク

関連エントリー

贈与税|3分でわかる贈与税Top >  住宅不動産相続税 >  不動産 贈与税