贈与税|3分でわかる贈与税Top >  相続専門の税理士 >  相続税 贈与税

スポンサードリンク

相続税 贈与税

贈与税とは、贈与によって財産をもらった場合にかかる税金のことです。贈与とは無償で財産を与えることで、贈与税は贈与を受けた側(もらった側)が払います。ちなみに、会社等の法人から財産を譲り受けた場合は、贈与税ではなく所得税がかかります。贈与税には相続時精算課税という課税方式もあります。一定の要件の下では、贈与を相続の一部として考え、贈与時に贈与税を課税する代わりに、相続時に相続税を課税するものです。贈与税は控除額が少ないのに対し、相続税は控除額が非常に大きい(基礎控除5000万円)ため、この制度を利用して相続の際に税額を計算するようにすると大きく節税できることがあります。実は贈与税がかからないケースがあります。それは夫婦や親子、兄弟姉妹などの扶養義務者の間で生活費や教育費に充てるため取得した財産、あるいは、奨学金の支給を目的とする特定公益信託や財務大臣の指定した特定公益信託からを取得した場合で、一定の要件に当てはまるものなどです。贈与税のことを慎重に検討すべき時の一つが、住宅取得時ですね。住宅取得資金贈与の特例は、親や祖父母から住宅資金の贈与を受ける場合に、550万円まで非課税になる制度です。一方、相続時精算課税制度では、住宅取得資金の場合は最大で3,500万円まで非課税になりますので、場合によっては充分に比較検討すべきです。これは、重要な贈与税の基礎知識ですね。


RSS関連リンク
贈与税について(個人年金保険)
最近、このやり方は夫からの贈与という形になるので、 年金支給時に贈与税がかかると聞きましたが、 年間の保険料が33万円に満たなくとも、 多額の贈与税を支払うことになるのでしょうか。 どうか宜しくご教示の程お願い申し上げます。

贈与税の贈与者の名義
贈与税のことで教えて下さい。 私は現在一戸建ての家を建築中ですが、この住宅取得用の資金として、今回父親から1500万円ほどの贈与を受ける予定です。 そして、相続時精算課税制度を利用するつもりです。 父親から私への贈与ということで、当然 ...

贈与税の対象について。
両親は50万円の利息もカットできたと喜んでくれたのですが、 知人から贈与税がかかると聞きました。 額もかなり高額になるとか・・・ しかし実際は、贈与ではなく学生時代に学費を親から借りていたので返済として200万円、 残り800万を、私が親に ...

スポンサードリンク

関連エントリー

贈与税|3分でわかる贈与税Top >  相続専門の税理士 >  相続税 贈与税