贈与税|3分でわかる贈与税Top >  贈与税の住宅税率 >  贈与税 住宅と不動産

スポンサードリンク

贈与税 住宅と不動産

贈与税とは、個人から現金や不動産などの価値のあるものをもらった時にかかる税金です。1年間に110万円を超える財産をもらった場合に、贈与税がかかります。この財産には、現金、預貯金、 有価証券、土地、家屋、貸付金、営業権など金銭に見積もることが可能な経済的価値のあるものすべてが含まれます。贈与税は1年間(1月1日から12月31日まで)にもらった財産の価額の合計額から基礎控除額110万円を引き、その残額に贈与税の税率を掛け、さらに控除額を差し引いた額が納税額です。つまり、贈与税額=(贈与財産の合計額−110万円)×税率−控除額という式になります。贈与税がかからない場合がありますが、そのケースとしては、宗教、慈善、学術その他公益を目的とする事業を行う者が取得した財産で、その公益を目的とする事業に使われることが確実なものや、個人から受ける香典、花輪代、年末年始の贈答、祝物又は見舞などのための金品で、社会通念上相当と認められるものなどのケースです。贈与税で注意を最新に払うべきは、住宅取得時でしょうね。例えば、住宅取得資金贈与の特例では、親・祖父母から住宅資金の贈与を受けた場合、550万円まで非課税になる制度です。夫婦がそれぞれの親から贈与してもらった場合、二人合わせて最大1100万円までが非課税で、それを超えた場合でも、1500万円までは税金が優遇されます。贈与税の重要な基本知識の1つです。


RSS関連リンク
海外への生前相続(贈与?)の場合
こんにちは。 私はグリーンカードを所持しアメリカに住んでおりますが、 今回母から生前相続をしたいと言われました。 日本の場合は相続受取人が税金は支払うのだと思うのですが、 私の銀行口座は全てアメリカ内のものであり、 日本での相続は発生しま ...

お金を返してもらう時の贈与税
今までに10万円は返済済みで、残りも一括で返してもらえることになり、 計算してみると400万を超える金額で、ふと「贈与税」が心配になりました。 こちらで検索してみると、貸した証拠がないと贈与とみなされてしまうのですね。私たちは借用書は作って ...

マイホーム購入の資金援助について
マイホーム購入にあたり親から500万円の資金援助を受けました。 以前は500万円までなら贈与税が掛からないと聞きましたが今年から?変わったそうです。 来年、どの位贈与税が発生する事になりますでしょうか? ご存知の方いらっしゃいましたら教えて ...

スポンサードリンク

関連エントリー

贈与税|3分でわかる贈与税Top >  贈与税の住宅税率 >  贈与税 住宅と不動産